模型工房 古今東西 模型制作記

”模型工房 古今東西”の模型制作の様子を、発表していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ラボメンナンバー006 漆原るか だが、男だ。01

漆原るか
声も仕草も女にしか見えない。
だが、男だ。
いや、女より女らしい美少女。
だが、男だ。
まゆりより背は高いが、体つきはとても細い。
だが、男だ。
巫女服が似合っている。
だが、男だ。
もう夕暮だというのに、まだ暑いな。 蝉が鳴いている。
だが、男だ。

という訳で、シュタインズ・ゲートのラボメンナンバー006 漆原るか を作ってます。
1/8スケールです。 寝転んだ状態のイラストを元に少しアレンジます。
男子ですが、可憐な感じで仕上げてみたいと思ってます。
巫女服は、パテを盛っただけなのでこれからシワの感じとか調整していきたいと思ってます。
 
rukako002.jpg
rukako004.jpg

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ニトロプラス | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。