模型工房 古今東西 模型制作記

”模型工房 古今東西”の模型制作の様子を、発表していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

旧ルパン三世第19話 どっちが勝つか三代目!

1/32サイズ フルスクラッチビルドルパン三世 その1

旧ルパン三世の第19話 どっちが勝つか三代目!のFIAT500です。
劇中の車種は、カリオストロの城と同じFIAT500Fですが
いつも、同じFIAT500Fでは面白くないので500Dに
してみました。500Fとの大きな違いはドアの開閉方向
と車体のモールです。

作品DATA
1/32 フルスクラッチビルド フィギュア
1/32 フルスクラッチビルドFIAT500D  自作レジン複製ボディ

ホビーショーの宮崎メカに展示する為に修復しました、
1/32サイズのフルスクラッチビルド ルパン三世の模型
せっかくです修復しましたのでので、
FBに少しずつUPしていきたいと思います。
「グンゼのキットが有るのに何故フルスクラッチでFIAT 500を作ったのか?」
とよく聞かれますが、フルスクラッチのFIAT 500を作り初めた頃は
今手に入る、キャストキット付きのフィアット500は発売されていませんでした。
グンゼのフィアット500のキットは発売されていましたが、模型屋にたのんでも
なかなか入荷されませんでした。
当時は、ネットオークションとか無かった時代ですから、
模型屋以外でキットを手に入れることは難しかったのです。
グンゼのフィアット500のキットは、何個か持ってましたが、
目標は、フィアットの出てくる全シーンの立体化ですからとても足りません。
軍用ハーレーも、当時は1/24サイズの物はありませんでした。
タミヤの1/35サイズの物と、MAXのCMPに合わせられるサイズで、タイヤとかを
他のキットから流用出来るサイズ、複製し易いサイズと言う事で1/32サイズ
に決めました。
カリオストロの城の模型を自作するきっかけは、ルパン三世の声優の
山田康雄氏が亡くなったということもあると思います。

olp000.jpg olp001.jpg

olp002.jpg olp003.jpg

olp004.jpg  olp006.jpg

olp007.jpg olp008.jpg

olp009.jpg olp010.jpg





スポンサーサイト

ルパン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<シルバー製バルタン星人 | HOME | 峰不二子1/8 Ver.カリオストロ 初期設定版>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。